東京の美容整形外科で受けられる埋没糸抜糸の施術

生れた頃から一重まぶたで、いつも暗い表情をしていると言われていました

私は生れた頃から一重まぶたで、いつも暗い表情をしていると言われていました。
子供の頃はそれを言われるといつも泣いていましたが、高校生になってからは簡単なメイクで二重のように作る方法を見つけるに至りました。
大きくてパッチリとした目だと、みんな明るい表情だと言ってくれてとても幸せな気分になったものです。
生まれ持って一重であることを忘れるほどになり、大学生になってからもアイメイクに力を入れていました。
ところが合宿のときに同級生に素顔を見せたところ、「なんだ、化粧で化けていたんだ」と言われてしまいました。
そのことが他の同級生にもわかり、いつの間にか「厚化粧」という嫌なあだ名で呼ばれるようになったのです。
こんなあだ名で呼ばれるのが嫌で、大学にいくのもやめてしまいました。
引きこもりの生活を続けるようになり、ストレスで過食症にもなったのです。
自分がなぜこんなつらい目に遭うのかと悩んだところ、姉から埋没糸抜糸を受けたらどうかと提案をされました。

#埋没糸抜糸

中には「糸が取れない」というケースもあるので注意が必要📝

10年・20年と長い期間、糸で固定したままだと取れなくなってしまう事がある⚠️

名医相談窓口🔻
📩プロフィールからどうぞ
☎️090-8435-3332#二重整形 #全切開 pic.twitter.com/Ru0bVdklWb

— 二重整形の病院選び🏥目頭切開、眉下切開、埋没法、グラマラスライン、全切開、眼瞼下垂、目尻切開の失敗 (@futae0seikei) November 27, 2019

生れた頃から一重まぶたで、いつも暗い表情をしていると言われていました / 私がお世話になったところは、埋没糸抜糸で高い実績があるところ / とても満足できる顔になっており、整形をしてよかった